面接対策

面接の好感度アップのコツや効果的な面接練習について

投稿日:2017年3月27日 更新日:

今回は一人でもできる面接の練習方法や、面接官に好印象を持ってもらうためのテクニックについて書いていきます。


スポンサードリンク

一人でもできる面接練習法

面接練習をする友達がいないどうしようと思っている方、朗報です。

一人でもできる練習があります。それは一人二役で面接練習をすればいいんです!

鏡の前で質問を頭の中でイメージして、それに対する返答を鏡に向かってします。ちゃんと笑顔でハキハキと答えましょうね!

ただ、周りから見たら完全に変な人なので、誰もいないときにやりましょう♪

基本的に面接は緊張してしまうので早口になってしまいます。ですから練習の時はICレコーダーやスマホで自分の声を録音してみましょう。

録音した声を聴くことで、ここはもう少しゆっくり話そうとか、もっとこの部分は抑揚をつけてみようとか、長すぎて伝わらないな・・・もう少し簡潔に話してみようなど、思いもよらぬ発見がありますのでかなりオススメです。

とにかく本番では、ゆっくり・わかりやすく・簡潔に

これ大事です。

予想外の質問が来てしまった場合の対処方法

どんなに対策をしたとしても、予想外の質問はきてしまうものです。そんな時は面接官の質問を繰り返し反復して、時間を稼ぎ、心をおちつけましょう!

また、質問の意図が理解できなかった場合、~~~ということでよろしいでしょうか?と聞いてみよう、的外れな事をしゃべるより断然こちらがいいです。

もし、質問が難しくて考えるのに時間がかかりそうな時は、「少し時間を頂けませんか?」とお願いしてみます。

それでも答えが浮かばない時には正直に「申し訳ありませんが勉強不足でわかりません、勉強しておきます!」と謝罪し、前向きな姿勢をアピールしましょう。

表情で合否が左右されるといっても過言ではない

結局人物試験は面接官と話をする場です、面接官にこの受験生いいな、一緒に働きたいなと
思ってもらうことが重要です。

相手に好印象を与える要因は、視覚情報が6割を占めるという話をご存じですか?

極論を言ってしまえば、表情、髪型、服装さえ気をつけていればかなり合格率を上げる事ができるという事です。

中でも笑顔が特に重要です。面接の時だけ笑おうと思っていても、いざ本番になると顔がひきつってうまく笑えません(笑)

普段から笑顔をこころがけて生活しましょうね。面接の前に今までの嬉しかった事、楽しかった事、笑えた事を思い出すとリラックスして臨むことができますよ。

面接の練習だけでは不十分

面接は場数を踏めばなんとかなる!というのはよく聞く話ですが、本当にそれだけでよいのかというと、そういうわけではありません。

よりよい内容の話ができるようになるのは、面接の数を増やしたところで効果は薄いです。

最も大事な事は事前準備を徹底すること。

企業研究、想定質問の作成、エントリーシートの見直しなど、準備万端にしておくことで面接にも自信あふれる笑顔で臨むことができます。

-面接対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やりたい仕事がみつからない時に考えるべきこと

就活しようにもやりたい事がないんだから、どうしようもない。と嘆いている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。今日は就活においてやりたい仕事が見つからない時に考えるべきことについて書いていきます。

営業職ってやっぱり辛い?大変だった事、やって良かった事を紹介

こんにちはナギです!就活生の皆さんは営業職に対してどんなイメージを持っているでしょうか。今日は私が営業職を経験して、辛かった事、逆にやって良かったと感じた事を書いていきます。 Contents1 営業 …

集団討論のコツや流れ。司会は絶対に必要か?

こんにちはナギです!今日は苦手な人も多い集団討論のコツについて話していきます。個別面接とは違い、まわりと協力しながら進めていく点で、実務的な能力が試されていると言えますね。しかし、ある程度流れさえ押さ …

面接のマナーや話し方、あなたは大丈夫?思いやりの気持ちが大事です。

今日は面接において、意識すべきマナー、態度、話し方などについて書いていきます。細かい事が多いですが、気を付けておくと他の就活生より1歩リードすることができますよ!

自己PRの書き方で意識しなければならないポイントとは?

自己PRを作成する上で、どんな事をアピールすれば評価が高いでしょうか?それは働く上で大切な事を理解して作成する事です。では、働く上で大切な事とはなんでしょう・・。今日はそれを解説していきたいと思います …