面接対策

公務員試験における社会人の勉強法や受験先

投稿日:2017年3月29日 更新日:

こんにちはナギです!社会人の方は、公務員試験を受験しようにも勉強時間が確保できず、泣く泣く諦めている方も多いのではないでしょうか。今日は、在職の方でも工夫次第で合格可能な受験先や効率的な勉強法を書いていきますね!


スポンサードリンク

仕事と勉強の両立

働きながら受験しようとしている方にはとてもきになるものですよね。

現状努めてはいるけれど、試験前は退職しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新規採用試験の場合は退職して勉強時間を確保している方が多いようですね。逆に経験者採用の場合は勤めながら受験をする人が多いみたいです。

働きながらは厳しいかも・・・と思われるかもしれないですが実際に合格されてる方もたくさんいました。

公務員試験は様々な試験がありますが、やはり働きながらとなるとすべて受けるのは
時間てきに難しいので、働きながら公務員を目指したい!という方は受験先を絞るのが合格率を上げるために必要でしょう。

 

 

受験先を絞ろう

例えば、国立大学法人や、市役所試験です。

理由は筆記は教養試験のみというところも多く受けやすいので在職の方も多いです。そして捨て科目を作ることも大事です。

文系の人であれば、【物理、化学、数学】このあたりはさっぱり覚えてないや・・・。という方も多いのではないでしょうか、そんな場合はいっそのこと勉強しない!と割り切った考えも大事かもしれません。

とにかく他の受験生より時間がないというのをしっかりと認識して、計画的に試験までの日数を逆算して何を優先して勉強していくか計画をしっかり立ててください。

LECやTACなどの公務員予備校を利用するのであれば、音声教材も入手できます。

無料のPODCASTでも音声ニュースのダウンロードができますので、論文対策や面接対策に
非常に役に立ちます。

移動時間などのスキマ時間に音声で勉強するといいと思います。ちなみに私はIPODにいつも音声をいれて、暇さえさればきいていました。社会人試験の場合は面接勝負というところもありますので、勉強も進めつつ早めに自己分析、志望動機は作っていきましょう。

最短で合格する勉強法

教材に関しては様々なサイトがあるので割愛しますが、民間経験者採用試験の勉強法で一番のおススメする方法は、テキストを見て覚える、そして翌日同じ場所を復習する。これが最速で合格するために必要な事です。

よくまとめノートを書いて勉強した気になっている受験生もいますが、あんなものはまったく必要ありません!そもそも、テキストに書いてあることをまとめノートに写したところで意味なんてないんです。テキストそのものがすでに要点をまとめたものになっているで・・はっきり言って時間の無駄です。

とにかくテキストを見て覚えて、勉強したページを翌日復習し、さらに進んだページをその翌日復習する。これを繰り返してください。

わかりにくいので例を挙げます。

1日目1P~10P

2日目1P~20P

3日目10P~30P

このように、3歩進んで2歩下がる戦略を取ることで記憶に定着します。

見て覚える事をメインの戦略においておけば、ちょっとしたスキマ時間、移動時間にも勉強が捗るはずです。

もちろん、勉強時間がたくさんとれる方は書いて覚える方法も合わせて実践されるといいのではないでしょうか。

-面接対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

面接の好感度アップのコツや効果的な面接練習について

今回は一人でもできる面接の練習方法や、面接官に好印象を持ってもらうためのテクニックについて書いていきます。

面接が苦手なあなたへ。こんな人は面接官に嫌われる!?特徴と対策

こんにちは、ナギです! どうしても面接が苦手、どう話せば好印象なの!?と悩んでいるあなたに面接官に嫌われないための秘訣をお伝えしようと思います♪

公務員試験の面接のよくある質問は?想定問答は大事 part2

前回に続き、公務員試験のよくある質問と、実際に私が公務員試験を受けて答えに窮した質問についても書いていきます。回答例もありますので、参考にしてみてくださいね♪

自己分析とは一体何?メリットや方法を解説します

就職面接において重要になるのが、本当の自分を知るということ。 あなたは自分にどんな長所、短所があるのか、真剣に考えたことはありますか? 面接なんて明るくしてればいいんでしょ?なんて人は痛い目をみるかも …

営業職の適正、向いている人と向いていない人の特徴は?

文系の就活生の皆さんは、営業職を希望されている方がたくさんいらっしゃると思います。 今日は、営業に向いている人、向いていない人の特徴について私の経験もふまえて書いていきます。自分にあてはまっているかど …